ジャズとクラシック音楽日記

アクセスカウンタ

zoom RSS のだめカンタービレ 最終楽章 前編

<<   作成日時 : 2010/01/17 23:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日、表記の映画を見てきました。それなりに楽しめました。

いくらか気になることもあるけど、娯楽作品と割り切ればまあいいかと。

上野樹里の感情表現はいいですね。女優魂を感じました。

リアル人間が人形に変わる瞬間がやはり判ってしまうのがちょっと残念。テレビドラマの最初のころは結構違和感なかったと思いますが、それともこちらの目がシビアになったのでしょうか。

えっ!?と思ったのラストシーンの音楽。マーラーの第五番第四楽章アダ-ジェット。なんでこの音楽??
音楽に無関係のドラマや映画ならそれほど気になりませんが、「のだめ」にこれはないんでないの?
まず「ベニスに死す」で目いっぱい使われて、ほかの映画にもいくつか使われていて、テレビのドラマなんかでも時々聴くし...。
こういう、よく使われるような音楽は「のだめ」には使ってほしくなかったなぁ..。というのが正直な感想。
もっとほかの選択肢はなかったのでしょうか。

私は交響曲はあまり聴かないので詳しくはないのですが、有名どころでもブラームスの3番とか(たまたま今聴いてる最中なので(^^ゞ)結構いいと思うけどなぁ〜。あと、数少ない手持ちの交響曲でブルックナーの8番のアダージョ?あまり自信ないけど。
または「のだめ」に声楽が入ることはほとんどありませんが、オペラのきれいなアリアなんかでもいいのではないでしょうか。

とりあえず楽しめそうだし後編も見に行くつもりです。



のだめカンタービレ 最終楽章 前編&後編
ERJ
のだめカンタービレ

ユーザレビュー:
スタッフに星5つまず ...
素敵(^^)!今まで ...
涙腺決壊アルバムクラ ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 ジャズとクラシック音楽日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる