ジャズとクラシック音楽日記

アクセスカウンタ

zoom RSS PCオーディオ 機器購入(2)デジタルアナログ変換機

<<   作成日時 : 2011/11/10 15:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 1

次は音楽のデジタルデータをアナログに変換してアンプに送り出す機械が必要になる。

PCとアンプをつなぐにはいくつかの方法があるらしい。
1. USB DAC
2. ネットワークオーディオ
3. オーディオインターフェース


中ではUSB DACが最もお手軽。
PCからデジタルで出た音のデータをアナログに変換してオーディオアンプに送る機械と理解した。
機器もピンキリで色々ある。
安いのは一万円を切るものから高いものは私の知る限りでは数十万円位まで。
五万円くらいで結構まともなものが買えそう。

ネットワークオーディオはネットワークオーディオプレーヤーをLANでつないでネットワークの中に入れるというもの。
PCは音楽データをCDリッピングしたりネットからダウンロードしてLANHDDの中に突っ込む役割をするだけで、そのコントロールはネットワークオーディオプレーヤーがするらしい。
すなはち音楽の再生はプレーヤーがLANHDDから音源を引っ張り出してアナログに変換してアンプに送り込んで音を出すということのようだ。
なので音楽再生の際にはPCは別に必要ないということになる。
最初の設定が多少手数がいるようだけれども、一度設定してしまえばあとの自由度は高いようだ。
機器はちょっと高めで安いものでも三万円強、音質を言うなら十万円以上のものがお勧めらしい。
音楽再生の間PCが遊んでいるというのがちょっと気になる。
その分、プレーヤーを働かせているのでプレーヤーが高いのだろうと思った。
ただ、これだったら既存のPCでも十分対応でき、新たに専用のPCは不要かも。

三番目はオーディオインターフェース。
これはUSB DACに録音機能を加えたものと理解した。
とりあえず自分にとってはUSB DACと同じ扱いかも。

以上のようなHowTo本による基礎知識をもとに探索開始。
ネットでいろいろ調べて適当なUSB DACを選定。
で、抑えとして福岡のショップに電話して詳しい人に聞くことに。

その人が言うにはRMEのベイビーフェイスがお勧めとのこと。
これは上の分類でいえばオーディオインターフェースになるらしい。
私も本ではその存在を知っていたので時間があった時にお邪魔して話を色々聞いた。
使い勝手はUSB DACとあまり変わらず、音質的にはコストパーフォーマンスでこれがいいという話。
ちょっと予算オーバーだったが、早くハイレゾ音源を聴きたかったので、その場で購入・持ち帰った。
USBケーブルは付属しているが、ベイビーフェイスとアンプをつなぐケーブルが別売ということでこれも一緒に購入した。

画像


ショップの店員に乗せられた感もなくはないが、一般的な評価も低くないし、良しとしよう。

早速同梱のセットアップガイドに従ってセットアップした。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オークリー レンズ
PCオーディオ 機器購入(2)デジタルアナログ変換機 ジャズとクラシック音楽日記/ウェブリブログ ...続きを見る
オークリー レンズ
2013/07/06 01:52
VISVIM サンダル
PCオーディオ 機器購入(2)デジタルアナログ変換機 ジャズとクラシック音楽日記/ウェブリブログ ...続きを見る
VISVIM サンダル
2013/07/09 13:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
今日は〜^^またブログ覗かせていただきました。よろしくお願いします。 プラダ バッグ http://www.kfsmtv.net/Pradabags.html
プラダ バッグ
2013/07/28 18:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
PCオーディオ 機器購入(2)デジタルアナログ変換機 ジャズとクラシック音楽日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる