ジャズとクラシック音楽日記

アクセスカウンタ

zoom RSS PCオーディオ CDリッピング編

<<   作成日時 : 2011/11/10 23:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

機器の設定が一通り終わったら次はソフト。
先ずは音楽を取り込まなくてはいけない。

インターネットから音源をダウンロードする前にまず肩慣らしとしてCDから音楽を取り込むことにする。

音楽をCDから取り込むのは以前よりレンタルCDでやっていたことなのでハードルは高くない。
ちなみにCDから音楽をPCに取り込むことをリッピングというらしい。

PCにCDをセットしたらPCにプリインストールされているPower 2 Goというソフトが勝手に立ち上がるのでとりあえずそれを使ってみる。
自動でインターネットからCDのデータを取り込んでアルバム名、プレーヤー名、曲名など勝手につけてくれるのできわめて便利。おそらくWindows標準のMediaPlayerとほぼ同じようなものと思う。

取り込むファイル形式は音質劣化のないWAV(ウェイブ)ファイル形式がいいようだ。
多少容量がでかいが、今のPCのHDDは結構大容量なので全く問題ない。
いざとなったら1テラ位の外付けHDDを買えばいい。


で、前述の「はじめてのPCオーディオ」を読むと、リッピングもなかなか奥が深いようだ。
普通のリッピングソフトはCDのデータに多少問題があっても読み飛ばしてそのまま行っちゃうらしい。
それをせずにちゃんと読みこむため何回かトライしてくれるソフトがあるとのこと。

Exact Audio Copyというソフトが紹介してあったので早速インストールしてみた。
http://www.exactaudiocopy.de/
もともと英語表示なのだが日本語化のバッチ?をあてると?ある程度日本語になるとのこと。
http://www.gigafree.net/media/cdripping/exactaudiocopy.html
言葉の意味はよくわからないが、とりあえず指示通りにやってみると、なるほど、日本語になっている。
ひとしきり感心。

これを使うと元のCDデータ100%に対して何パーセント読み込めたかということまで表示してくれる。
おそらくこれ以上は読めなかったのだなと、なんとはなし納得する。
しかし、このソフト、愛想ない。質素といえば質素。
CD情報も手動でインターネットから取得しなければいけないし、取得したCDデータの配置もわかりにくいし(ま、これは自分の能力の問題かもしれないが)、まだ使いこなせていない。

なので聞き流すだけの音楽はPower2Goで取って、聴きこむ音楽のみEACで取るようにしている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
venuspoor.com/weight-loss/venus-factor-review/
PCI[fBI@CD_bs_O W&Y_N_VbN_y&L/EFu_u_O ...続きを見る
venuspoor.com/weight...
2017/01/07 05:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
PCオーディオ CDリッピング編 ジャズとクラシック音楽日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる