アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「音楽」のブログ記事

みんなの「音楽」ブログ

タイトル 日 時
涙のCDドライブ差し替え
涙のCDドライブ差し替え 以前よりPCオーディオに詳しい人から「リッピングするCDドライブは音の入り口だからとても重要で、できれば音質を重視したドライブを使わなくてはいけない」と言われていた。 しかし、最近まで音質にはとりあえず満足していたのでそんなに気にしていなかったがここのところなんとなく今の音質に飽き足らなくなってきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/17 21:43
沖縄旅行2 三線(さんしん)の友、三板(さんば)
先日、沖縄の民謡酒場、喜納啓子Ohanaに行ったとき、演奏者がカスタネットのような楽器を使っているのに気がついた。 ずっと以前に仕事で沖縄に行っていたときにも民謡酒場に何回となく行っていたが、その時には歌そのものに関心が行ってあまり楽器には興味が行ってなかったようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/23 23:02
沖縄旅行1 喜納啓子Ohana
4月5、6日と一泊で沖縄に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/04/20 20:22
PCオーディオ Youtube
折角スピーカーの真ん中にテレビを据えているので、Youtubeが見れないか考えた。 そこでテレビとPCをつなげないかそれぞれの後ろを見たら両方にHDMIの端子が付いていた。しめしめ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/01/30 12:43
PCオーディオ ハイレゾ音源ダウンロード編
いよいよ念願のハイレゾ音源のダウンロードに挑戦。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/13 15:37
PCオーディオ 音楽再生編
いよいよ音楽を再生する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/12 13:27
PCオーディオ CDリッピング編
機器の設定が一通り終わったら次はソフト。 先ずは音楽を取り込まなくてはいけない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/11/10 23:42
PCオーディオ 機器購入(2)デジタルアナログ変換機
PCオーディオ 機器購入(2)デジタルアナログ変換機 次は音楽のデジタルデータをアナログに変換してアンプに送り出す機械が必要になる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 1

2011/11/10 15:28
PCオーディオ 機器購入(1)PC
PCオーディオ 機器購入(1)PC 幾多のハードルを乗り越えてついにPCオーディオを構築した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/10 12:18
PCオーディオ(ネットオーディオ)
先日、日経新聞(2011.08.28)の文化欄を何気なく見たら「オーディオ熱ふたたび」というタイトルでPCオーディオのことが書いてあった。 私の認識ではPCオーディオというと何となく音源ファイルを圧縮してあまりいい音源でないものをチープな再生装置で再生するという印象だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/30 16:20
九州ハイエンドオーディオフェア2
九州ハイエンドオーディオフェア2 約2時間、2つのシステムでしっかり聴かせていただいた後、他の部屋にも行ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/13 13:16
九州ハイエンドオーディオフェア
九州ハイエンドオーディオフェア 4月8〜10日に福岡国際会議場で「九州ハイエンドオーディオフェア」が催されました。 初日の午前中にに行きました。 主催者にとっては’あいにくの’小雨でした。 私にとっては’都合良く’お客様が少なく、思う存分自分が持って行ったレファランスのCDを聴かせていただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2011/04/12 00:40
2ne1(トゥエニーワン)
2ne1(トゥエニーワン) 2ne1は韓国の女性ポップグループ。しばらく前にテレビで韓国のポップグループの紹介の番組で紹介されていて結構つぼにはまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/11/20 13:16
真空管アンプ、トライオードTRV-88SE
真空管アンプ、トライオードTRV-88SE ここ2年ほどプリメインアンプにユニゾンリサーチのUnicoPを使ってきた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/07/29 09:00
クラシック音楽の好みについて
クラシック音楽の好みについて 先日福岡に用事があってバスで行くことにした。で、行き帰りに読む本を持っていっていなかったので、駅の本屋で物色した。タイトル「頭が良くなるクラシック」。う〜ん、なんか内容軽そうなのが気に入った(失礼m(__)m)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/02/06 13:31
オーディオの音質向上へ:スピーカースタンド編
オーディオの音質向上へ:スピーカースタンド編 去年の夏ごろそれまで長年使ってきたアンプとCDプレーヤーが壊れるまでオーディオの音質についてそれほどこだわっていなかったと思う。で、買い換えることになって「どうせ買うならほんのちょっとグレードアップしてみるか」と色気を出したのがいけなかった?。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/01/05 00:51
神尾真由子
今年の6月にモスクワで開催されていたチャイコフスキー国際コンクール・ヴァイオリン部門で神尾真由子が優勝した。そのときの模様をまずチャイコフスキー国際コンクール全般のことをNHKで、そのあと神尾真由子に焦点を当てた番組を確かBSジャパンで見た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/01 00:30
音楽が降りてくる
去年秋に液晶テレビのREGZA Z2000を買った。これがLAN接続が出来てLAN-HDDに録画できる優れもの。で、しばらく前LAN−HDDを買ったのでその動作確認のためにドリカムを予約録画してみた。私自身はそんなにファンではなかったが、家内は以前より結構好きだったようだ。この映像を見て私も結構いいなと思うようになった。明るくて元気そうなのがいい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/29 11:29
ジャズ喫茶「ブルーノート」
ジャズ喫茶「ブルーノート」 十数年ぶりに京都に行ってきた。1泊2日と短い間だったが、店の情報収集と勉強の主目的以外でも収穫の多い時間だった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 32

2007/07/07 17:00
音楽のメディアについて
私が幼少の頃、家に結構大きなレコードを再生する機械があった。確か「電気蓄音機」、略して「デンチク」といっていたと思う。それは78回転/分の古い規格のレコードを再生するものだった。針は鉄針で確か長さが1cmくらいの細くて先がとがったものだった。トランジスタはない時代なので、当然管球だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/03 17:10
「クラシックファン」
講談社現代新書に宇野功芳さんが書いた「クラシックの名曲・名盤」という本がある。宇野功芳さんはチョンキョンファを教えていただいたありがたい人。この本の中に次のような一文がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/04/03 11:26
クラシックの「名曲」って?
もう30年近く前になるけれどもメディアがレコードからCDになったころから何冊かクラシックの名曲・名盤に関する本を買った。中でもレコード芸術の名曲・名盤特集にはお世話になった。21世紀の名曲名盤 (1) ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/04/03 10:53
平岡正明「ジャズ宣言」
私が大学生の時、2回生(2年生のことを京都ではこういう)の後半頃からジャズ喫茶に入り浸っていた。その店の店主がバイブルのようにしていたのがこれ平岡正明の「ジャズ宣言」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/03/27 23:19
私が交響曲をあまり聴かない理由、のようなもの
以前にもこのブログの中で書いたと思うが、私はあまり交響曲を聴かない。そのことについて今まであまり深く考えたことはなかった。しかしこのブログを書いていくうちになんとなくこんな理由ではないかと思うようになった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/27 10:58
沖縄の音楽
沖縄の音楽 私は東京の会社に入ってしばらくして沖縄担当になった。環境アセスメントのコンサルタントの会社だったので、企画・計画の打ち合わせ、現地調査、中間報告、最終報告など年にかなりの回数東京−沖縄を往復した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/02/11 00:11
ジャニス・ジョプリン
私の好きな女性ロック歌手の一人。バックバンドにはあまり恵まれなかったようだが、ハスキーな声と破滅的な印象はかなり個性的。たしか30歳前で亡くなったと記憶する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/08 23:31
マーラー:交響曲第5番そして「たんぽぽ」
マーラー:交響曲第5番そして「たんぽぽ」 マーラーの交響曲第5番。この第4楽章が映画「ベニスに死す」に使われて有名になったらしい。私は「ベニスに死す」は見たことがないのでどのような場面に使われていたのかわからない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/01/26 23:11
ジャクリーヌ・デュプレ
天才的女性チェロ奏者。チェロに興味を持つようになってこの人を知るようになった。この人のCDを聴くと、なんとない哀しみが切々と伝わってくるような気がする。それは彼女の伝記映画、「ほんとうのジャクリーズデュプレ」を見たからかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/01/26 00:35
ジャズとクラシックのアルバム整理上の比較
まだCDが出る前の大学生の時のことだったけど、レコードの枚数が500枚を越えたあたりからレコードの所蔵リストを作ろうと考えた。まず分類。ジャズ、クラシック、歌謡曲、民族音楽、浪曲などなど大分類、中分類、小分類など考えたと記憶する。そして、演奏者、曲名、作曲者。このあたりを整理する段になり、なんとなく困ったことになった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/01/25 23:27
ジャズとクラシックの歴史の対比
今回、ふと思い立ってジャズとクラシックの歴史を対比してみることにした。単なる思いつきなのでどうなることやら。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 5

2007/01/25 17:08
クリスチーナ・アギレラ
クラシックが続いたので、ここいらでちょっとポピュラーを。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/11 17:36
モーツァルト:エクスルターテ・ユビラーテ
モーツァルトのK.165、とても耳なじみがよく有名な曲。「エクスルターテ・ユビラーテ」とか「踊れ、喜べ、汝、幸いなる魂よ」とかタイトルがついている。初めこの曲を一緒に歌おうと思ってCDについている歌詞カードを見て驚いた。音楽の長さに比べてあまりにも短い....。一緒に歌い始めて了解した。ほとんど反復なのだ。これだったら何回か歌詞見ながら歌えば覚えられる。おかげで今ではCD聴きながらある程度そらで一緒に歌っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/01/07 22:28
ソプラノ・オペラ・アリア
ずいぶん前に「ずっとあなたが好きだった」というテレビドラマがあった。佐野史郎と賀来千香子が出演していた。佐野史郎が超マザコンのだんなさん役、賀来千香子がかわいそうなその奥さん役。だんなさんの名前は「冬彦さん」、といえば当時かなり話題になったから覚えている方もおられると思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/12/12 19:30
チョン・キョンファ
チョン・キョンファ 私が最も好きなヴァイオリニスト。ハイフェッツ、スターン、パールマン、オイストラフ等等偉大なヴァイオリニストは数多いし、それぞれに凄いなあ、うまいなあと思う。でも自分の心にぴたっと訴えてくるのはこの人、チョン・キョンファ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/10 22:27
松田聖子
先日BSiで松田聖子のコンサートをやっていた。2005年6月26日大阪城ホールのもの。やはり松田聖子は良い!!40過ぎ・子持ちのおばさんがとんでもない格好をして出てきたが、全く違和感が無い。観衆も乗っているようだ。永遠のぶりっ子アイドルの面目躍如というところか。最後のほうではとどめを刺すように背中に天使の羽をつけて、しかもミニのフリフリのスカートで出てきた。大歓声「かわいい!!」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/12/10 21:52
エリックサティー
私が初めてエリックサティーを聴いたのは30数年前の学生時代にさかのぼる。当時から私はピアノが好きで、色々ピアノ曲のレコードを物色していた。確か「現代音楽の古典」というタイトルだったと思うが、廉価版のシリーズが出て、その中にエリックサティーのピアノ曲集があった。全曲気に入ったが、中でも「ジムノペディー第1番」がいたく気に入ってしまい、いつか自分で弾いてみたいと思うようになった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/11/28 19:35
タワーレコード
タワーレコードが倒産したと聞いて福岡の店はどうなるのか心配になった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/08 23:17
セロニアスモンク
セロニアスモンクほどユニークなジャズマンもそうはいない。隔絶している。係累が無い。このユニークさのおかげでジャズファンの中でも好き嫌いが分かれるようだ。私は大好き。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/02 18:05
ビルエバンス
ヘンデルのところで「明るくて軽い」のが好きと言ったが、ビルエバンスもそんな感じ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/02 00:17
ヘンデル
ヘンデルといえばメサイアのハレルヤコーラスだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/09/30 23:59
上原ひろみ
先日10年以上使っていたテレビが壊れてしまったので、ハイビジョンが見れる液晶テレビを買った。そしたら上原ひろみのライブがあったので見てみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/09/30 19:55
バッハ:無伴奏チェロ組曲
私はバッハの3つの無伴奏の曲の中ではチェロが一番最後に聴いた。なんとなく地味っぽい感じがしたから。でも聴き始めたら結構病み付きになり、1時期集中して聴いていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/30 11:56
バッハ:平均律クラヴィーア曲集
私は鍵盤楽器が好きなので、ジャズでもクラシックでもピアノ曲をよく聴く。ただ、バッハやヘンデルなどバロック期にはまだ現在のいわゆるピアノは無く、当時はチェンバロやパイプオルガンが鍵盤楽器として使われていたので、作曲者も当然それを前提として作曲しているはず。なので私がバロック期あるいはそれ以前の中世・ルネッサンス期の音楽を聞くときには原則として古楽器を用いた演奏を聴くことにしている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/09/20 15:47
バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ
私はバッハに関してだけではなく無伴奏あるいはジャズではソロというのが好きだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 5

2006/09/20 00:06
グレングールドV
バッハはかなり前から好きだったが、バッハはやはり作曲された当時の楽器で演奏されたものしか聴かない、という主義だったからグールドを聴く以前はチェンバロ曲はチェンバロでオルガン曲はオルガンでしか聴いていなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2006/09/19 17:13
グレングールドU
グールドのファンになって彼の映像を見たいと思った。グールドのドキュメンタリータッチのやつ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/19 13:56
グレングールド
ジャズが続いたので、ここらでクラシックを一発。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/09/19 12:00
レッドツェッペリン:W
ここらでちょっとロックを。ウィスキーのロックでも飲みながら...なんて。 会社に入って少しした頃、日航の国際線のスッチーと付き合っていた時期がある。アパ−トに遊びに来た時にこのアルバムを聞かせてあげた。彼女はツェッペリンのライブ映画を見ていたらしく、「天国への階段」の原曲がこのアルバムに入っていたことにえらく感動していた。ロック史上に燦然と輝く、名盤中の名盤。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2006/09/14 00:49
エラフィッツジェラルド
実はこの歌手を私はあまり好きではない。どこがどういう風に好きではないか的確に表現はできないが、レコードジャケットを見てもあまり食指が動かない。学生時代当時エラを聴かなければジャズファンにあらずというようなことを言われ、好きになろうと努力し、「インベルリン」や「アットオペラハウス」「アットカーネギーホール」など何枚か買って聞いてみたけれど、どうもダメなのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/13 23:58
ビリーホリデイ2
先に紹介したヴァーブのベストアルバムは1枚目の6曲目まで「奇妙な果実」も含めてライブだし、今は手に入りにくいようだ。というわけではないが、やはり最初に買うのはコモドアの全てスタジオ録音の「奇妙な果実」がいいと思う。というか、先ずこのCDを買わなければ他のCDは買ってはいけない気がする。しかし、このアルバムは1曲目が「奇妙な果実」というかなりメッセージ性の強い、重い曲なので、しょっちゅう聴きたくなるアルバムではない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/11 16:42
ビリーホリデイ
ビリーホリデイは一般的にとっつきがいいほうではないようだ。私も手放しで人に勧めるには躊躇する。でもやっぱり1枚はコレクションに入れておきたいと思う。表現が妥当ではないかもしれないが、聴いていくうちにじわっと味が出るするめのような歌手。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/09/11 00:43
ジャズピアノ:本田竹曠
「ジス・イズ・ホンダ」。このアルバムは1972年度 第6回 ジャズ・ディスク大賞の録音賞(国内)とったので知り、すぐ買って以来飽きもせずしょっちゅう聴く愛聴盤となっている。レコードがあるのにCDも買った数少ないアルバムの内の一枚。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/10 15:57
クリスコナー:アットザヴィレッジゲイト
FMに移籍したあとのライブ録音。1963年だから36歳くらい。多分私が持っている中では1番録音年が新しい。”クリスコナー最後の傑作”と言われていたらしいが、岩浪洋三さんがこのアルバムのライナーノートに書いているところによると、1974年にクリスコナーのステージを聞いたところクリスコナーまだまだ健在だったらしい。先にも書いたけど10年ほど前ブルーノート福岡で歌ったとのこと。まだどこかで歌っているのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/09 22:16
クリスコナー:アトランティック
アトランティックには結構アルバムを残している。ベツレヘムから1956年に移籍して1962年まで居た。年齢にして29歳位から35歳位までか。最もあぶらが乗って旨そうな時期。私の持っているレコードとCDもほとんどアトランティック。先に紹介したもの以外の秀作としては「ガーシューインソングブック」がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/09 16:36
クリスコナー:ベツレヘム
クリスコナーは1927年生まれだから、生きてれば今80歳くらい。1997年にブルーノート福岡でライブをやった。凄く行きたかったけど所用のため行けず。でも70歳のクリスコナーは見たくなかったかも、と自分を納得させた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/09 15:43
クリスコナー:MOON RAY
「A jazz date with Chris Connor」の1曲目「Moon Ray」。このアルバムの他の曲ももちろんそれぞれ良いのだけれど、この曲が突出して良いのか、このアルバムではほとんどの場合この曲しか聴かない。でもCDではMoonlight in Vermont の入った「クリスクラフト」とのカップリングがあるので買って損はないと思う。私は悲しいことに「Jazz Date...」の単体のものを持っているので今更買わないかも。でも「クリスクラフト」の単体よりもカップリングのほうが安いな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/09 12:15
クリスコナー:クリスコナー
「バードランドの子守唄」の次によく聴くのがアトランティックに入れた「クリスコナー」。これもお気に入り。1曲目が元気なアップテンポなので、2曲目から聴くことが多い。夜、ウィスキーなんか飲みながら聴くにはアップテンポよりもスローバラードのほうがいいですよね。以前CDで買いなおそうと思ってタワーレコードに行ったら「He loves me , he loves me not」とのカップリングが超お買い得価格で売ってあったので即買した。と思ったらAmazonでもありましたね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/09 12:05
クリスコナー:バードランドの子守唄
ビリーホリデイと共に私の最も好きなジャズシンガー。ビリーホリデイはその重さのためにしょっちゅうは聴かないが、クリスコナーはここのところほとんど毎日聞いている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/08 23:37
私の音楽遍歴
私が始めて西洋音楽に接したのは私が中学の時に両親が買ってくれたステレオセットでベートーベンの交響曲を聴いたところからです。中学の時は買い与えられるレコードを素直に聞いていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/07 16:14
プロローグ
初めてブログを作りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/06 15:54

トップへ | みんなの「音楽」ブログ

ジャズとクラシック音楽日記 音楽のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる