ジャズとクラシック音楽日記

アクセスカウンタ

zoom RSS チョン・キョンファ

<<   作成日時 : 2006/12/10 22:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私が最も好きなヴァイオリニスト。ハイフェッツ、スターン、パールマン、オイストラフ等等偉大なヴァイオリニストは数多いし、それぞれに凄いなあ、うまいなあと思う。でも自分の心にぴたっと訴えてくるのはこの人、チョン・キョンファ。

チョン・キョンファは高音がいい。高音の細さがいい。プロコフィエフのヴァイオリン協奏曲第1番を聴いてほしい。中でも第3楽章。メロディーと高音の美しさに惚れ惚れする。スターンなどの中低音の野太さ・安定感・安心感と好対照を成す。

しばらく前にNHKBSでチョン・キョンファのライブをやっていた。途中から見たが、遠景だったので最初誰だろうと思ったが、あの前のめりの演奏姿勢から見てきっとチョン・キョンファと思ったらやっぱりそうだった。火の玉みたいになって演奏している。

プロコフィエフ:VN協奏曲第1

でも、このCDのジャケット(POCL-5279)はひどい。レコードのジャケット(SLA 1176)のほうが断然いい。再考してほしい。

CDのジャケット
画像


レコードのジャケット
画像


小品集「コン・アモーレ」は確か子供を産んでからの作品と思ったが、それなりに楽しめたけれどもちょっと大人しくなってしまったような気がする。
プロコフィエフ:VN協奏曲第1

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
チョン・キョンファ ジャズとクラシック音楽日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる